読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももたろうのUC Davis留学記

2016年9月から2017年6月までUC Davisに留学します。

私的San Francisco 旅行プランを作ってみた

Davisから一番近い観光地・サンフランシスコ

Davisはいわゆる大学が中心の小さな町なので、遊ぶところもそんなにはありません。

私の友達の多くは週末出かけるとするとDavisの外に出てサクラメント(首都)にいくか、サンフランシスコに行くか、タホ湖にウィンタースポーツをしに行くか、のどちらかといった感じです。

なので、数年前にアメリカ旅行したときも合わせると、サンフランシスコに観光しに来た回数は合計5回以上になる気がする。

f:id:momomomo_k:20170304153151j:plain (路面電車.町中でよく見かけるけど、本数が少ないのと移動手段としては意味がないのと、値段がちょっと高いので乗ったことない)

家族や友達がサンフランシスコに来たときは、案内がてら一緒に観光するのですが、そのときにいつもだいたい使うサンフランシスコ観光プランを今回は書こうかなと思います。別にサンフランシスコマスターでもなんでもないし、美味しいレストランとかは知らないのですが、「ここだけ押さえとけば、『サンフランシスコ観光したぽい\(^o^)/』って言える」ツアーのようなものとして、友達とかには案内しています。

親とかを見ていて思ったのは、いくらネットとかで調べててもどれに行ったらいいのかを決定するのは誰かの紹介とか一次情報によるところが大きいと気付いたので、私のいつも使っているサンフランシスコ観光プランをopenにしたら、ちょっとは参考にしてもらえるかなと思った次第です。

もしサンフランシスコを一泊二日とか二泊三日程度でぐるっと観光したいときなどに参考にしていただければと思っています。

今回は2日で回るコースを考えました!

ちなみにいうと、体力がありあまる若者向けです。同じ内容で両親を案内したんですが、もう疲れ果ててました。ごめんなぁ、おとんおかん。

1日目午前中

移動はUberLyftを想定。バスで移動してもよいのですが、時間が読めなくなるので私はいつもUberを使ってしまいます。

セントラルパーク

スタートはセントラルパークから。よく観光客が写真をとっているのがこの♡の前。

f:id:momomomo_k:20170331062407j:plain

いつも行列ができてる。クリスマスの季節はセントラルパーク広場のどまんなかに大きなクリスマスツリーが立ちます。めっちゃきれい。

もし何か買い物がしたければセントラルパークの目の前にある、Maycyで買い物ができます。日本でいうところの百貨店みたいなところ。普通よりかなり安くブランドものが売ってる。

特に買い物するならブラックフライデーかクリスマス休暇直前か、年末が、非常に安くなるのでオススメ。

個人的にはセントラルパークの前を走っている路面電車を坂の下から見上げるここが非常に好き。

f:id:momomomo_k:20170304170532j:plain

というかSFのいいところは、道のどこで写真をとっても絵になるところ。

f:id:momomomo_k:20170304170825j:plain

ね?

ジャパンタウンでお昼

車でちょっと移動したところに日本っぽいお店が集まってるジャパンタウンがあります。

LAのジャパンタウンとかと比べると大きくはないですけど、ここで食べたラーメン美味しかった。

情け程度に五重塔とかがあった。

らーめーーーーん

f:id:momomomo_k:20170304171102j:plain

午後、一番有名な沿岸部へ

またUberか何か使って、沿岸部へ。

ちなみにいうと、サンフランシスコはめちゃくちゃ各観光地が離れているわけではないので頑張れば、歩ける。

けど、知っての通り坂が非常に急なので、非常につらいですが。

Pier 39らへん

Pier39はサンフランシスコの観光地として一番と言っていいほど有名ではないでしょうか。というか私は行き過ぎて、カメラフォルダを探しても撮ってる写真がない。(今度写真を撮って追加します)

とりあえず日本人の友達が来たらここに案内しとけばおkみたいなところある。

昔、港だったところで39番目の埠頭だからPier 39という名前がついているみたいなんですけど、今は完全にただのお土産物やさんとシーフードレストランが並んでいる観光地です。

ここの近くには、野生?のアシカ?が来ていて、わーわー毎日騒いでいます。

この沿岸部らへんはお店がいろいろあるので、ここから次の場所まで歩きましょう。

もし何か食べるとしたら、クラムチャウダーを絶対に食べましょう。とりあえずSFきた写真が撮れます。

インスタでSFのタグの半分くらいはクラムチャウダーじゃなかろうか。

Ghirardelliのチョコレート工場

Pier 39からちょっと歩いて、Ghirardelliのチョコレート工場へ。

Ghirardelli知ってます?チョコレート。

これ

これもSF土産としては有名。チョコレート工場と併設して、ショッピングモールもあるので、買い物もできます。 チョコレート工場と併設でレストランもあるので、工場直送?のデザートが食べられるらしいです。食べたことないけどね!高いもんね!

Lombert Street

Ghirardelliのお店から少し離れたところにあの有名な、くねくねしてる坂のLombert Streetがあります。

f:id:momomomo_k:20170304172954j:plain (写真はWikipediaより)

Google Maps

一体何が目的でこんなくねくねした坂道を作ってのか、意味が分かりません。

そして、ここに家がある以上、このくねくね坂道を毎日車で降りている住人がいるという事実に驚愕せざるを得ない。

いついってもここは渋滞してます。本当は車で行ったら楽しいのだろうけど、いつも横を歩いて満足して終わらせてます。

f:id:momomomo_k:20170304173551j:plain

f:id:momomomo_k:20170331063307j:plain

2日目

今日は自転車で!

SFは坂が多いと言いましたが、沿岸は平たんな道が続くので自転車で行くことが可能。個人的にはSFを観光するのは自転車が一番楽しいと思っています。

自転車のレンタル会社は色々あるので、セントラルパークやフィッシャーマンズワーフの近くに行けば、どこかで借りられます。

セントラルパークスタートの場合はフェリー乗り場経由で沿岸ぐるっといくと楽しいと思います。Pier 39を素通りして、そのまま一気にゴールデンゲートブリッジへ(セントラルパークからゲートブリッジまでは1時間半程度で到着すると思います。(20代が運転するスピードなら)

やっぱり、SFの観光名所はゴールデンゲートブリッジが一番です。圧倒的すぎる。

f:id:momomomo_k:20170331065950j:plain

これがTHE San Franciscoです。圧倒的。

このゴールデンゲートブリッジを上がるところが少し坂がきつくて、辛いですが、辛かったら押しましょう。

途中に、下におりる坂が橋の直前にあるんですが、ここを行くとゴールデンゲートブリッジが下から見上げられます。

ゴールデンゲートブリッジは、歩いても自転車でも渡れます。時間帯によって、自転車が通行する側の通路が変わるので、看板をチェックしましょう(3:30pmが変わり目だった気がします)

向こう岸の半島へ

橋を渡ると向かいの半島に行けます。橋を渡り切らないで戻ってもよいのですが、せっかくなら向かい側も行ってみましょう!

帰りはフェリーで

橋を渡った先の半島からは船が出ています。SF中心部近くの船着き場につきます。

券売機のところには売り子とかいないなかったので、はじめどこでチケットを買ったらいいのか混乱しました(笑)

自動販売機で自転車でのる用のチケット買います。舟の時間より少し早めにいかないと、乗りたい時間のフェリーには乗れません。。。。(私は着いた時には、列が長くて、はじめのフェリーには乗れなくて、そのあと1時間待った)

ちなむと、フェリーからアルカトラス島がみえます。あぁ、いつかアルカトラス島行きたいなぁ。こっちにきて、半年もたつのにまだ行ったことない。

番外編(時間があるとき)

町を歩きましょう!

多少坂がきつくても町中歩くのが実は一番楽しい。街角の建物とか一つとってもかっこいいのが多いので、めっちゃ興奮します。

もしあなたが写真を撮るのが好きなら、絶対に町の中をあるくことをお勧めします。

何気ない建物一つ一つが非常に可愛い!!オシャレ!!

この建物のどれかに住んで、朝はあのカフェで優雅にコーヒーを飲んで…という妄想がはかどります。

その他注意

  1. バスには乗らないほうがよい。Uberを使おう。

基本バスは時間通りに来ないので、サンフランシスコを観光するときの移動をバス想定すると思っていた通りに動けない場合があります。なので、私はいまいち私はバスの乗り方がわかってない…

GoogleMapで道を尋ねると、バスをサジェストされることが多いですが、上記の理由があるので快適な観光をするためにはUberLyftの配車サービスを使うことを強くお勧めします。

  1. あまり変な通りには入らない

危険とは言いませんが、治安が悪い通りが少なからずあります。事前に調べおいて、気が付いたらその道に入っていたということがないようにしましょう。まぁそんな危険な目にあうことなんかほとんどないですけど。日本以外はだいたい電車に物乞いはいるし、たいていの人は何もしてきません。

3.細かい道順は省いてます。移動するときは事前にきちんと道を調べてから行きましょう。


こんどまた書く機会があれば、美味しかったレストラン・カフェについて書こうかなと思います。

次は春休みにいったNYの話をしようと思います。

おい、Davisでの勉強の話はどうするんだって友達から言われそうなんですが、また追々、、、